株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2018年11月08日

ブロードバンドタワーは新データセンター好発進の様子で18%高

■第1四半期、営業、経常利益は赤字だったが売上高は43%も増加

 ブロードバンドタワー<3776>(JQS)は11月8日、大きく出直り、11時を過ぎては18%高の335円(52円高)前後で推移している。7日の取引終了後に発表した第1四半期決算(2018年7〜9月、連結)は営業、経常利益が赤字だったが、売上高は前年同期比42.6%も増加。新データセンターの稼働やIoTスクエアの開発などの先行投資が計画通りと受け止められている。

 8月末、5G(第5世代移動通信システム)モバイル等のIoTを利用対象とする新世代の情報通信インフラに対応した新データセンターを東京・大手町に開設した。9月から運用を開始している。「新データセンターへのお客様からの引き合いは多く」(決算短信より)、受注は積みあがっているようだ。また、IoTスクエアでは、「2020年中を目途にIoT機器に関するセキュリティサービス等のサービスを逐次提供することを目指し、当面は基盤開発等の開発投資が先行する状況」(同)とした。(HC)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:23 | 株式投資ニュース