株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2018年11月08日

大和ハウスは通期純利益の見通し増額や自社株買いが好感されて一段高

■14時に第2四半期の連結業績と3月通期の業績・配当見通しなど発表

 大和ハウス工業<1925>(東1)は11月8日14時、第2四半期の連結業績(2018年4〜9月、累計)と自己株式取得(自社株買い)、3月通期の業績・配当見通しの一部増額修正を発表。株価は一段高となり、6%高の3558.0円(212.0円高)まで上げて出来高も増加している。

 4〜9月の連結売上高は前年同期比9.6%増加して1兆9833.26億円となり、営業利益は同5.1%増加して1895.86億円となった。賃貸住宅・商業施設・事業施設の成長ドライバー3事業を中心に好調だった。

 3月通期の見通しは、KYB<7242>(東1)グループの免震・制振用オイルダンパーに関する不適切な行為の影響で、集合住宅やマンションを中心とした一部の物件の完成・引渡しの予定が見通せなくなるなどの影響があるものの、第2四半期までの業績が順調に推移していることなどを要因に、連結純利益の見通しを従来予想から1.3%引き上げて2400億円の見込み(前期比では1.5%の増加)とし、1株利益は360円77銭の見込みとした。

 自社株買いは、取得上限株数が230万株(自己株式を除く発行済株式総数の0.35%)、上限金額100.05億円、取得期間は2018年11月9日〜11月30日(東証の自己株式立会外買付取引ToSTNeT−3による買付け)。(HC)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 14:23 | 株式投資ニュース