株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2018年11月09日

ソラストの3月期第2四半期は増収大幅増益、M&Aの利益貢献が本格化


■医療関連受託事業・介護事業がともに好調

 ソラスト<6197>(東1)は8日、19年3月期第2四半期連結業績を発表した。

 売上高は、医療関連受託事業及び介護事業がともに好調に推移し、前年同期比16.4%増の410億31百万円だった。営業利益は両事業の増益により同29.3%増で25億42百万円となった。経常利益は同30.5%増の25億67百万円、四半期純利益は同29.5%増の16億36百万円だった。

 各事業を見ると、医療関連受託事業では、売上高は同4.0%増の276億43百万円、営業利益は同8.2%増の28億99百万円となった。組織全体でクオリティーと生産性の改善に取り組み、サービスの質が向上し、売上の拡大や価格の改善が進んだ。

 介護・保育事業では、売上高は同57.4%増の130億61百万円、営業利益は同112.5%増の9億39百万円となった。第2四半期は、自然災害からの若干の影響があったものの、好業績の継続が維持でき、これにより更なる成長のための新規M&Aに注力することができたとしている。保育事業は、4月から3施設を認証保育所から認可保育所に移行したことなどで園児数が増加した。

 19年3月期の連結業績予想は、売上高が前年同期比12.5%増の836億30百万円、営業利益が13.2%増の47億43百万円、経常利益が12.5%増の46億87百万円、純利益が8.2%増の29億33百万円としている。

 なお、通期予想に対する第2四半期の進捗率は、売上高49.0%、営業利益53.6%、経常利益54.8%純利益55.8%と順調に推移している。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:34 | 株式投資ニュース