株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2018年11月09日

エランは株式分割や業績見通しの増額が注目され後場一気に堅調転換

■収益性改善策の効果など顕在化

 エラン<6099>(東1)は11月9日の後場、一気に堅調転換して始まり、13時にかけて10%高の3195円(283円高)まで上げて出来高も急増している。入院時や介護施設利用時の身の回り品セットレンタルなどを行い、昼12時、第3四半期の連結業績(2018年1〜9月、累計)と12月通期業績見通しの増額修正、12月末を基準日とする株式2分割などを発表し、注目集中となった。

 12月通期の連結業績見通しは、今期から取り組んでいる収益性改善策の効果が顕在化していることや、販売費及び一般管理費の発生額が当初想定していた額を下回っていることなどにより、営業利益は従来予想を8.7%増額して12.50億円の見込みとし、純利益は同じく7.9%増額して8.20億円の見込みとした。増額後の予想1株利益は54円54銭。(HC)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:36 | 株式投資ニュース