株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2018年11月09日

【銘柄フラッシュ】アテクトなど急伸しオリジン電気は後場から急伸

 11月9日は、東証1部の値上がり率1位がオリジン電気<6513>(東1)の20.5%高となり、9日11時30分発表の第2四半期決算の大幅増益などが注目されて後場から急伸し一時ストップ高。8月9日以来、3ヵ月ぶりに2000円台を回復。

 2位はセーレン<3569>(東1)の19.3%高となり、8日発表の第2四半期決算と通期見通しの増額修正などが注目されて戻り高値を大きく更新。

 3位は品川リフラクトリーズ<5351>(東1)となり、8日発表の第2四半期決算と通期見通しの増額修正などが注目されてストップ高の16.7%高。

 キクカワエンタープライズ<6346>(東2)は9日の13時40分に第2四半期決算と通期の業績・配当予想の増額を発表しストップ高の15.6%高。サンセイ<6307>(東2)は10月末から11月初にかけて第2四半期の決算見通しと決算を発表済みで、11月6日頃からやおら動意を強め出したため思惑が強まったとされて一段高の14.6%高。

 ユーザベース<3966>(東マ)は8日に発表した第3四半期の連結決算と通期の純利益見通しの増額修正(黒字転換)などに注目が集中し朝方からストップ高の21.0%高で売買をこなし急伸。フォーライフ<3477>(東マ)は8日に第2四半期の連結決算と株主優待の開始を発表し決算は赤字混じりになったが優待を好感する動きが優勢のようで15.5%高と急反発。

 アテクト<4241>(JQS)はTHK<6481>(東1)から受注した部品の量産開始の発表が注目されて8日に急伸し、9日は10時50分に発表した第2四半期決算が大幅増益とあってストップ高の23.4%高となった。(HC)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:37 | 株式投資ニュース