株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2018年11月10日

スターティアホールディングスは第2四半期と通期業績予想の利益面での上方修正を発表

■上半期に人材関連費用および広告宣伝費用の効率的な運用によりコストを削減

 スターティアホールディングス<3919>(東1)は9日、第2四半期と通期業績予想の利益面での上方修正を発表した。

 要因としては、上半期に人材関連費用および広告宣伝費用の効率的な運用によりコスト削減を行った結果、利益面において、前回予想を上回る見通しとなった。

■第2四半期は当初の大幅減益予想から一転、大幅増益へ

 第2四半期連結業績予想の売上高は、前回予想を83百万円下回る57億31百万円(前年同期比6.7%増)、営業利益は2億48百万円上回る2億94百万円(同33.0%増)、経常利益は2億84百万円上回る3億30百万円(同40.4%増)、純利益は2億03百万円上回る2億28百万円(同8.6%増)と前回の大幅減益予想から一転、大幅増益予想となる見込み。

 第2四半期の利益面での大幅な上方修正により、通期も上方修正となった。

 通期の売上高は、前回通りの121億60百万円(前期比10.0%増)、営業利益は前回予想を75百万円上回る4億円(同11.7%増)、経常利益は1億12百万円上回る4億37百万円(同16.2%増)、純利益は92百万円上回る2億70百万円(同56.0%減)を見込む。

 なお、最終利益が大幅減益となるのは、前期にあった有価証券売却益の影響によるもの。

 株価は、最安値圏で推移していることから、反発が予想される。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:26 | 株式投資ニュース