IRセミナー
12/18(火)=ソレイジア・ファーマ、ケイアイスター不動産

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2018年11月14日

【話題】直近10日間「クジラまく」相場が出現し今後の展開に眉目集まる

◆縁起でもない?、11月13日まで「白・黒・白・黒・白・黒・白・黒・白・黒」

 このところの日経平均は、11月13日までの10日間(取引日ベース)、高い日と安い日が一日ごとに交互に出現した。しかも、「陽線」と「陰線」が交互に出現する「鯨幕(クジラまく)」相場が現われた。古風な和式・和風の相場観測だが、陽線を「白」とし、陰線を「黒」とした場合、10日間にわたり白と黒が交互に出現する相場。これが現れた後どうなるか注目されている。

 「鯨幕」は、検索して頂ければ一目瞭然だが、白黒ストライプ模様の幕のことで、ヒゲクジラのヒゲに似ていることから呼ばれるようになったとされる。縁起の良くないときに使われる幕のため、「するめ」を「あたりめ」と言い換えるのと同じ部類になるようだ。

 この「鯨幕」が相場に現われるのは、まさしく一進一退の展開であり、方向感が出ないとき、気迷い気分の強いときに現れやすいとされている。

 問題は、これが相場に現れた後、どのように動くか、になる。ベテラン証券マンの話によると、縁起でもない現象が起こる前触れ・前兆という見方もあるのだが、一方では、「下げ続けたあとに現れれば、それまでのトレンドは終盤に入ってきたこと示唆し、上げ続けた後に現れれても、やはりそれまでのトレンドの終盤を示唆することが少なくない」とのことだった。

 このところの株式市場は10月初から比較的大きな調整相場が続いている。このため、今回現れた「鯨幕」が下げ相場の終盤入りを示唆するかどうか、和式・和風の古い相場観測ではあるが、期待を込めて注目する向きがある。昨今の株式市場で「クジラ」と呼ばれるのは公的年金基金だが、その下期の運用買いの動向と会わせて注目する様子もある。(HC)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:45 | 話題