株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2018年11月20日

ケンコーマヨネーズ:新工場2ヵ所が稼働し株式市場は業績修正を早々に織り込む

■立ち上げ中に大型台風の連続襲来や北海道地震などあったが次第にこなす

 ケンコーマヨネーズ<2915>(東1)は11月20日、全体相場が大きく下押す中で、朝方の2%安(48円安の2131円)を下値に持ち直し、後場は0.5%安(11円安の2171円)へと大きく回復した。

 さる11月9日、第2四半期の連結決算(2018年4〜9月、累計)と3月通期の業績見通しの下方修正などを発表したため、株価はそれまでの2500円前後から一時2063円まで水準を下げたが、11月15日の2063円を下値に回復傾向を強める形になっている。

 下方修正の大きな要因としては、2ヵ所の新工場(北海道白老町、神奈川県小田原市)の稼働と既存2工場の増強にともなう費用、大型台風の連続襲来や北海道地震の影響、17年8月に群馬県の地域スーパーの総菜で発生した腸管出血性大腸菌O157による事件による風評被害的な影響、などがあった。だが、株式市場は、これらの要因を早々に織り込む様相をみせている。

 修正後の19年3月期の連結業績見通しは、売上高が745.0億円(前期比2.4%の増加)、営業利益は29.2億円(同30.0%減)、純利益は22.7億円(同21.1%減)、1株利益は137円78銭。

 新工場2ヵ所は、白老工場(北海道白老町)が4月に稼働を開始し、神奈川工場(小田原市)が6月に稼働した。これらの立ち上げから軌道に乗るまでの関連費用は、4〜9月に4.98億円を計上し、下期は1.87億円を見込んでいる。一時的費用になるため、中期的には増収増益基調が続く可能性が濃厚だ。(HC)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 17:32 | 業績でみる株価