IRセミナー
12/18(火)=ソレイジア・ファーマ、ケイアイスター不動産

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2018年11月28日

【株式市場】円安やNYダウ2日続伸など寄与し日経平均は一時224円高まで上げて堅調に推移

◆日経平均は2万2148円26銭(195円86銭高)、TOPIXは1648.35ポイント(4.19ポイント高)、出来高概算(東証1部)は6億8034万株

チャート13 11月28日(水)前場の東京株式市場は、米中首脳会談で貿易摩擦を巡る進展に期待する様子があり、円安やNYダウの2日続伸なども寄与し、日経平均は84円高で始まった後9時40分にかけて224円58銭高(2万2176円98銭)まで上げた。米国での訴訟の完全和解を朝発表した大日本住友製薬<4506>(東1)が東証1部の値上がり率1位。日経平均は上げ幅200円前後を保ち、前引けも195円86銭高(2万2148円26銭)となった。東証2部指数、マザーズ指数、日経JASDAQ平均もそろって高い。

 ハウスドゥ<3457>(東1)が3日続伸し、12月からの「賃貸保証サービス」開始などが好感され、富士ソフトサービスビューロ<6188>(東2)は第2四半期の計上利益78%増益などへの評価が再燃とされて大きく反発。日本テレホン<9425>(JQS)は10月締めの第2四半期決算発表に期待とされてストップ高。

 28日、新規上場となった霞ヶ関キャピタル<3498>(東マ)は、買い気配のまま公開価格3240円を72%上回る5570円の買い気配となり、前場は初値がついていない。

 東証1部の出来高概算は6億8034万株。売買代金は1兆1781億円。1部上場2117銘柄のうち、値上がり銘柄数は1289銘柄、値下がり銘柄数は724銘柄。

 また、東証33業種別指数は16業種が値上がりし、値上がり率上位の業種は、海運、医薬品、情報・通信、サービス、その他製品、機械、などとなった。(HC)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:09 | 今日のマーケット