IRセミナー
12/18(火)=ソレイジア・ファーマ、ケイアイスター不動産

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2018年11月28日

【株式市場】米国の利上げペース緩和期待などあり日経平均は大幅高で4日続伸

◆日経平均は2万2177円02銭(224円62銭高)、TOPIXは1653.66ポイント(9.50ポイント高)、出来高概算(東証1部)は13億8834万株

チャート13 11月28日後場の東京株式市場は、日本時間の今夜に予定される米FRB議長講演で利上げのペースが緩和される期待が言われ、引き続き今週末のG20での米中首脳会談に期待する様子もあり、日経平均は13時にかけて264円58銭高(2万2216円98銭)まで上げた。株価指数連動型の買いが増加したようで、ファナック<6954>(東1)ファーストリテイリング<9983>(東1)などが一段高。日経平均は4日続伸となり、東証マザーズ指数、日経JASDAQ平均も4日続伸。東証2部指数は2日続伸となった。

 後場は、花王<4452>(東1)が高業績と肌に直接噴きつける新製品を材料に戻り高値に進んだまま活況を続け、大阪チタニウムテクノロジーズ<5726>(東1)は杉崎社長らが今後の事業展開について午後4時から会見と伝わり中盤から一段高。クリエイト<3024>(JQS)は大阪万博関連株の出遅れとされてストップ高。10月上場のブリッジインターナショナル<7039>(東マ)、7月上場のエクスモーション<4394>(東マ)なども高い。

 28日、新規上場となった霞ヶ関キャピタル<3498>(東マ)は、後場寄り後の12時58分に公開価格3240円を92%上回る6240円で初値が付き、その後7200円まで上げて終値は6400円となった。

 東証1部の出来高概算は13億8834万株(前引けは6億8034万株)。売買代金は2兆5512億円(同1兆1781億円)。1部上場2117銘柄のうち、値上がり銘柄数は1416(同1289)銘柄、値下がり銘柄数は612(同724)銘柄。

 また、東証33業種別指数は19業種(前引けは16業種)が値上がりし、値上がり率上位の業種は、サービス、機械、医薬品、情報・通信、電気機器、非鉄金属、その他製品、海運、化学、などとなった。(HC)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:56 | 今日のマーケット