IRセミナー
12/18(火)=ソレイジア・ファーマ、ケイアイスター不動産

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2018年12月07日

【銘柄フラッシュ】ハイアス・アンド・カンパニーが急伸しリバーエレテックも活況高

 12月7日は、東証1部の値上がり率1位にアルヒ<7198>(東1)の10.9%高が入り、消費増税後の景気対策として住宅ローン減税の延長が有力視されていることなどが言われて急反発。

 2位はバリューコマース<2491>(東1)の10.3%高となり12月決算や来期の業績一段拡大の期待が強いとされて出直りを拡大。

 3位はマイネット<3928>(東1)の7.6%高となり、第1四半期に不正アクセス被害によって伸びなかった業績が12月通期では奪回して好調との見方が強まり約1週間ぶりに高値を更新。

 プレミアムウォーターホールディングス<2588>(東2)は10.3%高となり、業績回復が目立つ割に昨6日まで10日続落だったことなどが言われ大きく反発。旭松食品<2911>(東2)は一時5.6%高となり、「テレビ番組で取り上げられたことをきっかけに高野豆腐が売れている」(ヤフーニュースに転載の食品新聞より)と伝えられたことが注目されて急反発。PALTEK(パルテック)<7587>(東2)は7.7%高となり、空気圧(電力なし)で作動する人工筋肉のウェラブルロボット「マッスルスーツ」に注目とされて後場一段高。

 ハイアス・アンド・カンパニー<6192>(東マ)は朝方にストップ高の25.3%高で売買されたまま大引けまで買い気配。業績見通しの増額修正など好感。インターネットインフィニティー<6545>(東マ)は11月1日に開設したレコードブックの店舗をもってフランチャイズ店舗数100店舗を突破したとの発表など好調な展開が注目されてストップ高の20.5%高。

 タカギセイコー<4242>(JQS)は6日連続ストップ高の19.6%高となり、注目の「針なし注射器」の展望について、決算説明会資料で、11月に米FDAの認証を取得し2019年1月より量産出荷予定としたことなどが言われて急伸相場を継続。リバーエレテック<6666>(JQS)は17.1%高となり、中国の通信機器最大手、華為技術(ファーウェイ)と中興通訊(ZTE)の製品の使用を米政府が事実上排除し、日本政府も同調する方針と伝えられ、代替需要の期待が出たとの見方があった。(HC)







◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:32 | 株式投資ニュース