IRセミナー
1/29(火)=Delta−Fly Pharma、シルバーライフ

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2018年12月21日

21日上場のテノ.ホールディングスは公開価格を上回って好調に推移

■初値は公開価格を25%上回る2400円、公的保育事業、受託保育事業などを展開

 12月21日新規上場となったテノ.ホールディングス<7037>(東マ、福岡Qボード)は持株傘下の連結2社(株式会社テノ.コーポレーション、株式会社テノ.サポート)をコアとして公的保育事業、受託保育事業などを展開し、公開価格は1920円。

 買い気配で始まり、9時34分に公開価格1920円を25%上回る2400円で売買が成立し初値がついた。その後、2424円まで上げ、11時にかけても2000円前後で推移している。

 会社発表の今期・2018年12月期の業績見通し(連結)は、売上高が93.50億円、営業利益が3.00億円、当期純利益は1.45億円、1株利益は129円29銭。(HC)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:57 | 新規上場(IPO)銘柄