株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2018年12月25日

【配当特集】ソーバルは自動運転分野の売上が拡大、配当利回り3%と魅力増す

haitou1.gif

【利益還元に積極的な「魅力ある企業」(配当)】

 ソーバル<2186>(JQ)は、「技術で社会に貢献する」という1983年創業以来の理念のもと、国内でも有数の「組込み開発」の独立系企業として取引先からの高い信頼を獲得するとともに、「電子回路設計」「アプリケーション開発」「スマートデバイスアプリケーション開発」「WEB・クラウド開発」「マニュアル制作」「品質評価」など多岐にわたるソリューションを提供している。さらに、自動運転分野・AIを活用した開発など最先端技術への取組み、独自の製品開発(スマホアプリ開発、SNS構築システム等)にも取り組んでいる。


 具体的には、キヤノングループ、ソニーグループ、富士通グループ、リクルートHD、NTTグループなどを主な取引先とし、デジタルカメラ、デジタルビデオ、プリンタ、複合機、スキャナ、デジタルテレビ、ネットワークカメラといった画像処理系の最先端デジタル機器の設計・開発、周辺アプリケーション設計・開発、各種企業のWeb系システム/業務系システムの設計・開発などを行い高い実績を残している。

 同社グループでは、今2019年2月期第2四半期は、強固な請負体制の構築に向けて、プロジェクトの管理や人材育成、積極的な営業活動を継続的に展開したほか、最新技術への対応ニーズを取り込み、自動運転分野など新規分野における取引を着実に拡大。さらに、既存取引先への営業活動を継続的に展開したことで、新規案件や受託開発案件の受注に繋げるなど、従来の取引先との関係強化にも注力した。

 今19年2月期第2四半期業績実績は、売上高40億4600万円(前年同期比0.4%減)、営業利益2億8300万円(同6.5%増)、経常利益2億9200万円(同9.3%増)、純利益1億9400万円(同6.9%増)に着地。営業利益は計画を6.0%上振れし、順調に推移している。特筆すべきは、前年同期からの1年間で、自動運転分野の顧客数は2社から5社へと増加。日立グループ2社に加え、トヨタ自動車、ディー・エヌ・エー(DeNA)、自動車メーカー1社が加わり、同分野の売上高は1億5300万円(前年同期比約2.6倍)と拡大していることで、今後、さらに新技術に関するノウハウを蓄積し、同分野の深掘りを進めるとしている。

 今19年2月期業績予想は、売上高83億5000万円(前期比1.5%増)、営業利益6億2500万円(同6.7%増)、経常利益6億3200万円(同7.5%増)、純利益4億2700万円(同0.4%増)と連続最高純益更新を見込む。年間配当予想は、26円(第2四半期末13円、期末13円)の1.5円増配を予定している。

 また、株主優待として、毎年8月31日(基準日)現在の株主を対象に、1単元(100株)以上、10単元(1,000株)未満の株主に対して500円相当のQUO カード、10単元(1,000株)以上の株主に対して2,000円相当のQUO カードを贈呈している。(2018年5月7日現在)

 株価は、6月27日につけた年初来高値2280円から12月20日に年初来安値808円と1472円(64%)調整。自動運転分野の伸びが期待されるうえ、連続最高純益更新見通しで、配当利回り3.1%と利回り妙味がソコソコある。テクニカル面では、逆張り指標のストキャスティクスで買いシグナルが点灯。チャート的には60か月移動平均線に接近しており、28日に予定される第3四半期決算の発表を前に突っ込み買い妙味が膨らみそうだ。(株式評論家・信濃川)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:01 | 利益還元に積極的な「魅力ある企業」