株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2018年12月25日

【株式市場】日経平均は2月以来の下げ幅1000円台となり1年3ヵ月ぶりに2万円を割る

◆日経平均は1万9155円74銭(1010円45銭安)、TOPIXは1415.55ポイント(72.64ポイント安)、出来高概算(東証1部)は17億1656万株

333.jpg

チャート12 12月25日後場の東京株式市場は、正午頃に上海株式の下げ幅が2%台に拡大と伝わり、日経平均も前引けの水準(1018円74銭安の1万9147円45銭)をやや上回る水準で始まったまま一進一退を続けた。日経平均構成銘柄をみると、花王<4452>(東1)資生堂<4911>(東1)などは持ち直し傾向となったが、ソフトバンクグループ<9984>(東1)はジリ安気味。結局、日経平均は今年・2018年2月6日(1071円84銭安)以来の下げ幅千円台となり、17年9月以来1年3ヵ月ぶりに2万円の大台を割った。東証2部指数、マザーズ指数、日経JASDAQ平均も大幅安となった。

 東証1部上場2131銘柄のうち、値上がり銘柄数は27銘柄(前引けは21銘柄)。一方、値下がり銘柄数は2096銘柄(同2106銘柄)となり、(上場銘柄のうち98%が下げた。また、東証マザーズ市場は275銘柄のうち、値上がり銘柄数が16銘柄(同13銘柄)、値下がり銘柄数は256銘柄(同257銘柄)となった。

 後場は、引き続きジェネレーションパス<3195>(東マ)は業績の大幅な回復傾向が注目し直されて急伸したまま推移。ブロードバンドタワー<3776>(JQS)は情報漏洩対策ソフト開発などのベンチャー企業の子会社化が注目されて高い。

 25日、新規上場のリンク<4428>(東マ)は113時36分に公開価格3580円の2.1倍の7620円で初値をつけ、高値は8890円、終値は8060円。同じく新規上場のベルトラ<7048>(東マ)は朝9時53分に公開価格384円を33.9%上回る514円で初値をつけ、ほどなく535円まで上げたが、あとは売り買い交錯を続けて終値は498円となった。(HC)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:36 | 今日のマーケット