IRセミナー
1/29(火)=Delta−Fly Pharma、シルバーライフ

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2018年12月26日

【株式市場】日経平均は一時207円安まで沈むが大引けは高く6日ぶりに反発

◆日経平均は1万9327円06銭(171円32銭高)、TOPIXは1431.47ポイント(15.92ポイント高)、出来高概算(東証1部)は13億8826万株

チャート11 12月26日後場の東京株式市場は、前場の日経平均の上値の重さが気になったようで、先物が取引開始後まもなく軟調になり、日経平均は次第に軟化し始めた。ソフトバンクグループ<9984>(東1)は一段とジリ安。NY株式はXマス休場だったが、米シカゴで取引されるダウ工業株30種の先物が安いと伝わり、日経平均は先物につられるように一時207円16銭(1万8948円58銭)まで下押す場面があった。17年4月以来の1万9000円割れ。しかし、その後は急速に持ち直し、大引けにかけては170円高となり6日ぶりに反発した。東証2部指数は8日ぶりに反発し、マザーズ指数は4日ぶりに反発、日経JASDAQ平均は8日ぶりに反発。

 後場は、キーエンス<6861>(東1)が高下しながらも水準をセリ上げ、画像センサー専用データベースに関する25日のニュース発表などが注目され、東京會舘<9701>(東2)は出来高が少ないものの「平成」最後の宴会の盛り上がりが予想され急伸。ビリングシステム<3623>(東マ)はスマートフォン決済システムが注目し直されて大きく反発。エムティジェネックス<9820>(JQS)は森ビルグループの上場会社として思惑視され再び出直り基調。

 東証1部の出来高概算は13億8826万株(前引けは6億2378万株)、売買代金は後場増加して2兆8831億円(同9687億円)。1部上場2129銘柄のうち、値上がり銘柄数は1831(同1870)銘柄、値下がり銘柄数は254(同230)銘柄。

 また、東証33業種別指数は30業種(前引けは29業種)が値上がりし、値上がり率上位の業種は、精密機器、空運、ガラス・土石、石油石炭、サービス、繊維製品、建設、医薬品、水産・農林、などとなった。(HC)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:41 | 今日のマーケット