株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2018年12月30日

【株式投資の醍醐味】社長インタビューで見つけた中期上昇銘柄の共通点

jyousyous1.jpg

◆「いまは先行投資の段階だが1〜2年後を見てほしい」

 この2年ほどの間に社長インタビューを行った銘柄の中に、インタビュー後しばらくは鳴かず飛ばずの状態を続けながら、次第に持ち直して上昇相場を形成した銘柄がいくつかあった。パシフィックネット(3021)とピクスタ(3416)が特徴的で、共通していたのは、ともに、「いまは先行投資のため減益(あるいは赤字)だが、新事業への取り組み(あるいは構造改革)が進んでいるので1〜2年後を見てほしい」ということだった。

◆パシフィックネットやピクスタなど、しばらくは鳴かず飛ばずでも大きく変貌

 パシフィックネット(3021)は2017年9月6日に掲載した(http://kabu-ir.com/article/453261741.html)。そして、この年いっぱいは500円前後で鳴かず飛ばずだったが、18年初から動意を強め、同年3月にかけて2倍強の株価になった。

 ピクスタ(3416)は2017年5月24日に掲載した(http://kabu-ir.com/article/450177718.html)。そして、17年中は1300円をはさんで一進一退を続け、むしろ1200円まで下押す場面もあったが、18年5月には一進一退だった水準から7割高となった。

 このため、両銘柄は、2018年に行った社長インタビューではないものの、18年になって強い印象をもたらしたインタビューとして記憶に残っている。そして、こうした意味では、18年12月のEストアー(4304)、18年12月11日掲載(http://kabu-ir.com/article/463161331.html)が、上記の2銘柄に共通して、「いまは先行投資の段階だが、1〜2年後を見てほしい」といったニュアンスの構想や計画を披露してくれた。株価は年末にかけて、全体相場の急激な調整に押されるような動きとなっているが、見方を変えれば割安感が強まっていることになる。

 株式投資の醍醐味といえば、何といっても、狙った銘柄が買った直後から急伸して大きく値上がりすることだといえる。が、相場は千差万別。しばらくは鳴かず飛ばずの状態を続けても、次第に持ち直して上昇相場を形成する「スローライフ」な銘柄も、株式投資の醍醐味という点では別格の感慨があるといえそうだ。

【トピックス】
【新製品&新技術NOW】花王:新年に商品化を目指す5つの技術イノベーション(2019/01/02)
【今年活躍期待の銘柄】キクカワエンタープライズは出遅れ感から水準訂正高へ(2018/12/31)
【話題】米中貿易戦争が日本に与える影響(2018/12/31)
米国際貿易委員会(USITC)の衝撃、日本への影響も顕在化(2018/12/31)
米国の利上げ、円高メリットに注目(2018/12/30)
【株式投資の醍醐味】社長インタビューで見つけた中期上昇銘柄の共通点(2018/12/30)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 10:51 | コラム