IRセミナー
1/29(火)=Delta−Fly Pharma、シルバーライフ

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2019年01月01日

【新春注目銘柄】セプテーニ・ホールディングス:極低位値ごろは穴株素地を内包し電通との資本・業務も期待増幅

mei1.jpg

★インターネット選挙関連の穴株素地あり

 セプテーニ・ホールディングス<4293>(JQS)は、極低位値ごろからインターネット選挙関連の穴株素地がある。ネット選挙では、政党、候補者によるバナー広告とともに、ツイッター、フェイスブックなどのSNSによる選挙運動も解禁された。

 ネット広告代理店の同社は、このバナー広告需要を享受し、フェイスブックから「認定マーケティングデベロッパープログラム」の認定企業に選出されていることからもSNS需要の拡大も有力視される。この期待に拍車をかけるのが、今年12月12日に終了した電通<4324>(東1)との資本・業務提携である。

 電通が、株式公開買い付け(TOB)により69億円超で同社株式を20%強取得し、持分法適用会社としたもので、広告代理店トップの電通と連携し選挙特需へのアプローチはいっそう強力になると見込まれる。

 今2019年9月期業績は、人材投資の先行負担で大きく落ち込んだ前期からV字回復、純利益は13億円(前期比53.4%増)と予想されている。

 株価は、電通のTOB発表で142円安値からTOB価格260円にサヤ寄せ、窓を開けストップ高を交えて257円高値まで急騰、ほぼ往って来いとなっている。再度TOB価格にサヤ寄せしよう。(本紙編集長・浅妻昭治)

【特集】
【2019年相場展望】相場格言では「亥固まる」だが・・・=浅妻昭治(2019/01/03)
【新春注目銘柄】選挙関連銘柄に照準、待ち伏せ買いに一考余地(2019/01/01)

【注目の選挙関連】
西尾レントオール:必勝ダルマなど選挙用品レンタル人気に大阪万博の関連工事先取りもオン(2019/01/01)
セプテーニ・ホールディングス:極低位値ごろは穴株素地を内包し電通との資本・業務も期待増幅(2019/01/01)
ムサシ:業績・株価感応度は高く2017年10月総選挙ではストップ高し業績を上方修正(2019/01/01)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞社 Media-IR at 09:05 | 注目銘柄