IRセミナー
1/29(火)=Delta−Fly Pharma、シルバーライフ

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2019年01月04日

【株式市場】マザーズ指数が高く日経平均は大幅安だが後場は主力株の回復が目立つ

11.jpg

◆日経平均は1万9561円96銭(452円81銭安)、TOPIXは1471.16ポイント(22.93ポイント安)、出来高概算(東証1部)は15億5130万株

チャート12 1月4日(金)、2019年の大発会・後場の東京株式市場は、トヨタ自動車<7203>(東1)ソニー<6758>(東1)がジリジリ持ち直し、新日鐵住金<5401>(東1)は13時にかけて大きく値を戻すなど、主力株の一角の回復が目立った。ただ、日経平均は前引けの水準(607円37銭安の1万9407円40銭)を100円ほど上回って始まったまま一進一退を続け、大引けまで横ばい商状。12月26日につけた2017年4月以来の安値1万8948円58銭に次ぐ安値となった。東証2部指数、日経JASDAQ平均も安い。

 一方、東証マザーズ指数は、ミクシィ<2121>(東マ)メルカリ<4385>(東マ)が後場もジリ高傾向を続けたことなどにより後場堅調になり反発した。

 財務省と日銀、金融庁が13時から3者会合を開いたと伝えられ、三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306>(東1)が一段と持ち直すなど、政策的な支援への期待があった。ソースネクスト<4344>(東1)が一段高となり、手のひらサイズの自動翻訳機などが材料視されて大幅反発。取り扱うパシフィックネット<3021>(東2)は一段ジリ高となり続伸。ブライトパス・バイオ<4594>(東マ)は東大との共同研究開始が注目されてストップ高。アイレックス<6944>(JQS)は今年の物色テーマ「5G」関連株として注目されストップ高。

 東証1部の出来高概算は15億5130万株(前引けは7憶2706万株)、売買代金は2兆7718億円、1部上場2129銘柄のうち、値上がり銘柄数は598(前引けは313)銘柄、値下がり銘柄数は1475(同1772)銘柄。また、東証33業種別指数は6業種(前引けは2業種)が値上がりし、高い業種は、電力・ガス、陸運、石油・石炭、小売り、銀行証券・商品先物、となった。(HC)

【相場展望】
【新春注目銘柄】選挙関連銘柄に照準、待ち伏せ買いに一考余地(2019/01/01)
【波乱黎明の2019年】カオスの幕開け!テクニカルでは16000円割れも=中西文行(2019/01/03)
【新春相場展望】上値の重い展開だが5月末から7月の七夕を目安に出直りに期待=信濃川(2019/01/02)
【2019年株式市場大予測】年末高に向かう可能性あり=シニアアナリスト・水田雅展(2019/01/02)
【新春注目銘柄】選挙関連銘柄に照準、待ち伏せ買いに一考余地=浅妻昭治(2019/01/02)
【2019年銘柄選択の中長期テーマ】新技術関連が本命!次の成長株を発掘する好機=水田雅展(2019/01/01)
【2019年に狙えるセクター&銘柄】内需関連かつ低位割安の成長株に注目=中西文行(2019/01/01)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:30 | 今日のマーケット