IRセミナー
1/29(火)=Delta−Fly Pharma、シルバーライフ

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2019年01月06日

リコー電子デバイスがJFEシステムズ製原価管理パッケージを導入

■「運用のコストダウンを図れること」等の4つの要件を満たす

 JFEシステムズ<4832>(東2)は2018年の12月26日、リコー電子デバイスがJFEシステムズ製原価管理パッケージ「J−CCOREs(R)」を導入したことを発表した。

 電子デバイスの企画、設計、製造、販売までを一貫して行うリコー電子デバイスでは、原価管理システム保守費用の削減、原価差異を特定し業務改善に役立てることを目的として、原価計算システムをリプレースした。製品選定にあたっては、「運用のコストダウンを図れること」「半導体の原価計算モデルに合致すること」、「一般会計、MES、販売管理などのシステムと連携が柔軟にできること」、「カスタマイズは最小限に抑えられること」、の4つを要件とし、最も要件を満たしていたJ−CCOREs(R)の採用を決定した。

 J−CCOREs(R)の導入により、「システム保守費用の削減」、「システム投資額の抑制」、「運用工数の削減」による費用削減効果に加え、「データの見える化」、「インプットチェックの迅速化」などの業務改善効果も実現された。

 同社では、今後も「製品情報(原価や諸元データ)の共有化活動」により、製品情報を社内共通データとして一元化管理することで、さらなる業務プロセスの改善に活用されると期待している。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:28 | IR企業情報