IRセミナー
1/29(火)=Delta−Fly Pharma、シルバーライフ

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2019年01月08日

【株式市場】米中貿易協議の進展に期待強まり日経平均は一時219円高

◆日経平均は2万199円79銭(160円82銭高)、TOPIXは1520.08ポイント(7.55ポイント高)、出来高概算(東証1部)は6億3161万株

チャート13 1月8日(火)前場の東京株式市場は、7日に始まった米中貿易協議に「中国の劉鶴副首相が予想外の出席(ブルームバーグニュース2019年1月8日9:15)などと伝えられ、中国が交渉を重視しているとの見方が広がり、全般に不透明感が後退。海運株が上げたほか、ファナック<6954>(東1)が出直りを強めて値上がり幅上位に顔を出すなど、貿易摩擦の緩和に期待が広がった。日経平均は185円高で始まり、10時にかけて219円53銭高(2万258円50銭)まで上げた。その後は高値もみあいに転じたが、前引けも160円82銭高(2万199円79銭)と堅調。東証2部指数、マザーズ指数、日経JASDAQ平均も高い。

 12月の既存店売上高7%増などが材料視されてジーンズメイト<7448>(東1)が急伸し、そーせいグループ<4565>(東マ)は次世代がん免疫療法のマイルストン受領が注目されて急伸。シーズメン<3083>(JQS)は今2月期の完全黒字化期待などが言われて連日ストップ高。

 東証1部の出来高概算は6億3161万株、売買代金は1兆864億円。1部上場2128銘柄のうち、値上がり銘柄数は1328銘柄、値下がり銘柄数は718銘柄となった。(HC)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:05 | 今日のマーケット