IRセミナー
1/29(火)=Delta−Fly Pharma、シルバーライフ

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2019年01月11日

デ・ウエスタン・セラピテクス研究所が急伸、緑内障・高眼圧症治療剤に注目集まる

■わかもと製薬による国内第3相臨床試験の開始など発表、わかもと薬も高い

 デ・ウエスタン・セラピテクス研究所<4576>(JQG)は1月11日、買い気配のまま急伸して始まり、9時20分にかけて14%高の694円(86円高)まで上げて急伸している。10日の取引終了後、「緑内障・高眼圧症治療剤「WP−1303(H−1129)」の国内第3相臨床試験の開始並びにマイルストーン受領のお知らせ」を発表。注目が集中した。本日のストップ高は708円(100円高)。

 発表によると、同社が創製した緑内障・高眼圧症治療剤「WP−1303(H−1129)」につき、ライセンスアウト先のわかもと製薬<4512>(東1)より、緑内障・高眼圧症を適応症とした国内第3相臨床試験を開始した旨の連絡を受けた。契約に基づき、わかもと製薬からマイルストーンを受領することになっている。わかもと製薬も8%高の290円(23円高)と急伸している。(HC)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:26 | 株式投資ニュース