【企業の将来が見える個人投資家向けIRセミナー開催】
8月27日(火)立花エレテック、中本パックス、ファンデリー
9月2日(月)クレスコ、プレミアG、トレジャーF

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2019年01月17日

プレミアGが新株予約権の権利行使「停止」を断行し、12月の急落から徐々に持ち直す

■一時32%下落、「株価が当初の想定より著しく下落しているため」今朝、停止指定の行使を発表

 プレミアグループ<7199>(東1)は1月17日の前場、一時4%高の3345円(140円高)まで上げる場面を見せ、2018年12月に安値をつけたあとの回復相場で戻り高値に進んだ。朝、2019年1月11日に発行した第2回新株予約権の権利行使について「停止指定」を行うと発表。19年6月28日までの期間限定ながら、株式需給のゆるみに対する懸念が凍結され注目された。

 発表によると、同社は2018年12月17日付で第2回新株予約権権(行使指定・停止指定条項付)の発行などを発表し、19年1月11日に発行した。しかし、「現状において、当社株価が当初の想定より著しく下落しているため、このたび、新株予約権に係る停止指定の行使(=野村證券株式会社による新株予約権の行使の停止)を決定した」(補足説明資料より)。

 同社株式の株価は、この新株予約権に関する発表の翌日からストップ安を交えて急落し、発表日の終値4050円からは一時2769円まで32%下落した。補足説明資料では、「今後、既存株主の利益に充分配慮したうえで、株価の状況や当社の資金調達ニーズ等を総合的を勘案して資金調達を進める」とした。なお、野村證券はプレミアグループの主幹事証券。(HC)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:38 | 株式投資ニュース