【企業の将来が見える個人投資家向けIRセミナー開催】
8月27日(火)立花エレテック、中本パックス、ファンデリー
9月2日(月)クレスコ、プレミアG、トレジャーF

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2019年01月18日

ノジマがシンガポール上場企業のM&A注目され2019年の高値に進む

■東南アジアにおける電気製品、IT 製品および家具の有力小売業CAL社にTOB

 ノジマ<7419>(東1)は1月18日の前場、2297円(88円高)まで上げて2019年に入っての高値に進み、前引けも2254円(45円高)と堅調だった。朝、シンガポール証券取引所に上場する家電、IT製品及び家具の小売事業外車 Courts Asia Limited(以下「CAL社」)への公開買付(TOB)の開始を発表し、注目された。

 発表によると、この公開買付は、アジア事業子会社NojimaAsia Pacific Pte.Ltd.(以下:ノジマ・アジア)を通じ、CAL社の発行済株式総数の全株式を対象とする。CAL社は、カンボジアにデジタル家電専門店を2店舗展開。東南アジアにおける電気製品、IT 製品及び家具の有数な小売業者。

 ノジマは、東南アジアでの事業基盤を獲得し、同社のノウハウを活用し、また互いの強みを持ち寄りながら付加価値を向上させ、さらに今後、東南アジアを中心としてグローバルでの事業拡大を目指すとした。(HC)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:23 | 株式投資ニュース