株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2019年01月30日

【株式市場】円相場に不透明感残り東証マザーズ指数の急落もあり日経平均は反落

◆日経平均は2万556円54銭(108円10銭安)、TOPIXは1550.76ポイント(6.33ポイント安)、出来高概算(東証1部)は14億3896万株

チャート14 1月30日(水)後場の東京株式市場は、取引開始後に三越伊勢丹HD<3099>(東1)セブン&アイHD<3382>(東1)が大きく持ち直し、ユニー・ファミリーマートHD<8028>(東1)は一段高など、小売り株が見直された。日経平均も13時30分頃にかけて25円安まで持ち直す場面があった。その後は、米FOMC(連邦公開市場委員会)の結果発表が日本時間の31日未明とされ、円相場への見通しが警戒される様子があり、再び下げ幅を100円台に広げた。前日比では反落した。

 東証マザーズ市場はサンバイオ<4592>(東マ)の急落を端緒に手控えムードが高まり、マザーズ指数は前引けの7.3%安からさらにジリ安基調になり8.1%安となった。

 後場は、キヤノンマーケティングジャパン<8060>(東1)が一段上値を指向し、12月決算と今期予想などを好感。業再生ADRを申請を発表した曙ブレーキ工業<7238>(東1)は13時頃にかけて大きく回復する場面があった。トレンダーズ<6069>(東マ)は「TikTok(ティックトック)」関連事業が注目されて一時2日連続ストップ高。東映アニメーション<4816>(JQS)は通期の業績・配当予想の増額が好感されて連日急伸。

 東証1部の出来高概算は14億3896万株(前引けは5億7178万株)、売買代金は2兆4802億円(同8875億円)。1部上場2128銘柄のうち、値上がり銘柄数は351(同667)銘柄、値下がり銘柄数は1730(同1366)銘柄。

 また、東証33業種別指数で値上がりした業種は4業種(前引けは6業種)にとどまり、石油・石炭、鉄鋼、化学、卸売り、のみとなった。(HC)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:38 | 今日のマーケット