株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2019年02月05日

【株式市場】材料株や好決算株など買われ日経平均は小反落だがTOPIXは続伸

◆日経平均は2万844円45銭(39円32銭安)、TOPIXは1582.88ポイント(1.55ポイント高)、出来高概算(東証1部)は12億2836万株

チャート6 2月5日(火)後場の東京株式市場は、13時に四半期決算と自社株買いを発表した伊藤忠商事<8001>(東1)が一気に前日比でプラス圏に浮上するなど、四半期決算の好調な銘柄や材料株に物色が移る展開になった。13時15分に四半期決算を発表した日清食品HD<2897>(東1)も急伸。一方、日経平均は、ほぼ前引けの水準(8円39銭安の2万875円38銭)で始まったあとも小動きを続け、14時半頃からは軟化して4日ぶりに小反落となった。TOPIXは小幅高で2日続伸。東証2部指数、日経JASDAQ平均も2日続伸。マザーズ指数は3日続落。

 後場は、四半期決算が大幅増益だったハウスドゥ<3457>(東1)が一段とジリ高基調になり、リスクモンスター<3768>(東2)は通期の最高益見込みなどへの評価が再燃とされて大引け間際に一段高。ピアラ<7044>(東マ)は12月決算の最高益などに期待が強いとされて一段高。昨日まで4日連続ストップ安のサンバイオ<4592>(東マ)は売買代金が東証全銘柄のトップとなり、続落模様だが下げ渋った。

 東証1部の出来高概算は12億2836万株(前引けは5億9921万株)、売買代金は2兆1054億円(同9896億円)。1部上場2127銘柄のうち、値上がり銘柄数は1325(同1402)銘柄、値下がり銘柄数は730(同626)銘柄。

 また、東証33業種別指数は22業種(前引けは27業種)が値上がりし、値上がり率上位の業種は、水産・農林、繊維製品、非鉄金属、電気機器、卸売り、化学、海運、倉庫・運輸、食料品、などとなった。(HC)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:19 | 今日のマーケット