【企業の将来が見える個人投資家向けIRセミナー開催】
8月27日(火)立花エレテック、中本パックス、ファンデリー
9月2日(月)クレスコ、プレミアG、トレジャーF

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2019年02月06日

ミロク情報サービスの第3四半期は、システム導入契約売上、サービス収入ともに伸長し、2ケタの増収増益

■「働き方改革」や「IT導入補助金」など、関心の高い分野のセミナーを全国で開催

 ミロク情報サービス(MJS)<9928>(東1)の第3四半期は、システム導入契約売上、サービス収入ともに伸長し、2ケタの増収増益となった。

 今期も売上拡大策として、「働き方改革」や「IT導入補助金」など、関心の高い分野のセミナーを全国で開催するとともに、各種総合イベントへの出展や「MJS Solution Seminar & Fair 2018」を全国各地で開催し、主力の中堅・中小企業向けERP製品『Galileopt NX−Plus』や『MJSLINK NX−Plus』等を訴求した。また、テレビCMやWebマーケティングを継続的に実施し、積極的な 販売促進、広告宣伝活動を通じて、既存顧客との関係維持及び新規顧客の開拓に努めた。


 その結果、今期19年3月期第3四半期連結業績は、売上高238億21百万円(前年同期比12.9%増)、営業利益43億95百万円(同12.1%増)、経常利益42億74百万円(同10.3%増)、純利益27億76百万円(同13.2%増)となった。

 トピックスとしては、新税務システム『MJS税務 NX−Plus』を開発し提供を開始したことと、同社のERP製品において法人向け仮想通貨会計データ作成ツールとのAPI接続によるシームレスなデータ連携を実現するなど、仮想通貨取引の会計処理への対応を行ったことが挙げられる。

 また、2018年7月に大東銀行と「地域の中小企業支援に対する業務連携に関する覚書」を締結した。

 以上のように、積極的な事業拡大を進めていることもあり、第3四半期も順調に推移していることから、今期通期連結業績予想は当初予想を据え置いている。

■今通期も最高益更新を見込むが、利益面での上振れが予想される

 ちなみに、今期19年3月期通期連結業績予想は、売上高306億円(前期比10.9%増)、営業利益50億50百万円(同12.6%増)、経常利益50億円(同13.0%増)、純利益32億90百万円(同14.3%増)と増収増益で最高益更新を見込んでいる。

 しかし、四半期ごとの営業利益を見ると、第1四半期(4月〜6月)14億26百万円、第2四半期(7月〜9月)15億39百万円、第3四半期(10月〜12月)14億30百万円であることから、利益面での上振れが予想される。

 配当に関しては、好業績が見込まれることもあり、期末30円(前期27円)と3円の増配を予想している。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:27 | 決算発表記事情報