株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2019年02月08日

三洋貿易の9月期第1四半期業績は増収・大幅増益、営業利益は35.8%増

■19年9月期増収増益を予想
 
 三洋貿易<3176>(東1)の19年9月期第1四半期連結業績の売上高は前年同期比18.2%増の224億94百万円、営業利益は同35.8%増の17億93百万円、経常利益は同29.7%増の18億21百万円、四半期純利益は同30.3%増の11億97百万円だった。

 各事業の取組みは、化成品では、売上高は83億16百万円(同7.1%増)、営業利益は5億13百万円(同6.1%減)だった。ゴム関連商品は、主力の自動車・家電・情報機器関連向け合成ゴムなどは堅調だったが、一部輸入品が低迷。化学品関連商品は、染料、畜産関連、接着剤などやアジア向け輸出関連が好調。米国・台湾向けの半導体関連商材などの販売も大きく伸長したが、中国での環境規制で、主力の塗料・インク関連などが低迷した。

 機械資材では、売上高は85億円(同29.1%増)、営業利益は11億43百万円(同44.1%増)となった。産業資材関連商品は、前期に引き続きシート用・内装用部品の販売で好調が続き、前年同期実績をさらに上回った。機械・環境関連商品も、木質ペレット製造案件が実現し、売上・利益ともに伸長した。科学機器関連商品は、表面物性機器やガス分析機器が好調に推移した。資源開発関連商品は、石油ガス・海洋開発分野が掘削プロジェクトの実現で好調に推移した。
 
 海外現地法人では、売上高は56億12百万円(同21.5%増)、営業利益は2億92百万円(同89.8%増)となった。SCOA(米国)は、自動車部材が低調で売上高は減少したが、販管費の減少などにより、利益面では前年同期を上回った。三洋物産貿易(上海)は、ゴム・化学品関連商品は低調。自動車部材が堅調で、販管費の大幅な減少もあり好調だった。 San−Thap(タイ)は、ゴム関連商品などが好調だった。
 
 今期(19年9月期)の業績見通しは、売上高を前期比8.3%増の850億円、営業利益を同6.4%増の56億円、経常利益を同3.1%増の57億50百万円、純利益を同7.3%増の39億円としている。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:26 | 決算発表記事情報