株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2019年02月08日

ソラストの第3四半期は増収・大幅増益、介護事業のM&Aなどが利益貢献

■医療関連受託事業・介護事業がともに好調

 ソラスト<6197>(東1)は7日、19年3月期第3四半期連結業績を発表した。

 売上高は、医療関連受託事業及び介護・保育事業がともに好調に推移したため、前年同期比14.5%増の622億48百万円、 営業利益は、両事業の増益により同27.6%増の38億42百万円、経常利益は同28.3%増の38億52百万円だった。 四半期純利益は2月7日に同社所有の秋葉原ビルの譲渡を決議したことに伴い、繰延税金資産の回収可能性を見直すことで、法人税などが1億03百万円減少し、同34.4%増の25億51百万円となった。

 各事業を見ると、医療関連受託事業では、売上高は前年同期比3.8%増の416億12百万円、営業利益は同9.4%増の44億62百万円となった。生産性とクオリティーの向上を目指したトレーニングを強化し、トレーニングの対象を病院の部署リー ダーに拡大。それにより、トレーニングの効果が多くの病院に拡大し、売上増につながってくる地域が増えた。

 介護・保育事業では、売上高は前年同期比46.8%増の202億16百万円、営業利益は同108.5%増の15億09百万円となった。今年度にM&Aした会社・資産が売上増への貢献を始め、特に18年12月のオールライフメイトの買収で首都圏での施設系サービスが拡充され、地域トータルケアの実現に向けて一歩前進した。保育事業は、4月から3施設を認証保育所から認可保育所に移行したことなどで園児数が増加している。

 19年3月期の連結業績予想は、売上高が前期比12.5%増の836億30百万円、営業利益が同13.2%増の47億43百万円、経常利益が同12.5%増の46億87百万円、純利益が同8.2%増の29億33百万円としている。


◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 08:05 | 決算発表記事情報