【企業の将来が見える個人投資家向けIRセミナー開催】
8月27日(火)立花エレテック、中本パックス、ファンデリー
9月2日(月)クレスコ、プレミアG、トレジャーF

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2019年02月09日

【新規上場(IPO)銘柄】ポートはキャリアの累計会員数20万人突破、第3四半期営業利益は大幅増益

 ポート<7047>(東マ)は、昨年12月21日に東京証券取引所マザーズと福岡証券取引所Q−Boardに上場。同社は、「世界中に、アタリマエとシアワセを。」というコーポレーション・ミッションのもと、「あったらいいな」でなく、「無くてはならない」を創造し、インターネットメディア事業を行っている。キャリア領域では、就活特化型メディア「キャリアパーク!」。ファイナンス領域では、カードローン・FX「マネット」。メディカ ル領域では、生活習慣特化型メディア「オンラインクリニック」を運営している。


 8日大引け後に発表した今2019年3月期第3四半期業績実績は、売上高20億6200万円、営業利益3億2500万円、経常利益3億1400万円、純利益2億6000万円に着地。全体の売上高は前年同期に比べ77%増収。領域別の売上高では、キャリア領域12億3800万円(前年同期比74%増)、ファイナンス領域8億0800万円(同81%増)、その他領域1500万円(同200万円)と増加。キャリアの累計会員数も20万人を突破し、営業利益は前年同期1億9000万円の赤字に対し、大幅増益となっている。

 同日に「キャリアパーク!」が日本マーケティングリサーチ機構 が本年1月に実施した「就活生に寄り添った情報が充実しているサービス」に関する調査で、第1位を獲得したと発表。「キャリアパーク!」の就活情報サイトとしてのブランド価値向上をもたらし、同社メディアへの訪問ユーザーの増加、収益拡大につながると期待される。

 今19年3月期業績予想は、売上高28億2500万円(前期比46.3%増)、営業損益5億6000万円の黒字(同1億3300万円の赤字)、経常損益5億5100万円の黒字(同1億3600万円の赤字)、最終損益4億6800万円の黒字(同1億3700万円の赤字)を見込む。年間配当予想は、無配を予定している。

 株価は、昨年12月25日につけた上場来の安値885円から1月28日に上場来 の高値1480円と上昇。その後、モミ合っている。8日安値1220円と売られ1200円どころのフシに接近しており、値ごろ感がある。第3四半期営業利益は年計画に対する進捗率58%だが、キャリア領域は売上高、利益ともに第4四半期に大きく伸長する傾向があり、通期営業利益は達成する見通し。ここから切り返す動きとなるか注目したい。(株式評論家・信濃川)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:47 | 新規上場(IPO)銘柄