株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2019年02月10日

フォーカスシステムズは第3四半期の発表とともに通期業績予想と配当を上方修正

◆企業力の向上に努めたところ、既存顧客との継続的な取引及び案件拡大に繋がる

 フォーカスシステムズ<4662>(東1)は8日引け後、第3四半期の発表とともに通期業績予想と配当を上方修正した。

 同社が属する情報サービス業界は、第4次産業革命の潮流の中、AI、IoT、X−Tech等の技術革新が新たな市場形成を促進し、IT投資需要の拡大が続いている。


 このような状況の中、優秀な人材確保への採用と教育の投資と共に新規事業・自社製品の創出のための投資を行い、企業力の向上に努めたところ、既存顧客との継続的な取引及び案件拡大に繋がった。

 その結果、19年3月期第3四半期連結業績は、売上高157億01百万円(前年同期比13.8%増)、営業利益10億56百万円(同59.7%増)、経常利益10億60百万円(同61.8%増)、純利益6億94百万円(同50.2%増)と2桁増収大幅増益となった。

 大幅増益となった要因は、2桁の増収効果に加え、営業利益率が前年同期の4.79%から6.72%と1.93ポイント改善したことがあげられる。

◆公共関連事業、民間関連事業ともに受注が好調

 第3四半期が好業績であったこともあり、今通期連結業績予想の上方修正を発表した。

 売上高に関しては、公共関連事業、民間関連事業ともに受注が好調であることから、通期予想を上回る見込みとなった。
 利益面については、プロジェクト管理の徹底と人材獲得・育成が奏功し、公共関連事業において案件拡大と利益確保が進んだこと、民間関連事業においてAI・クラウド等に関わる新規案件及び収益性の高い請負案件・直請け案件が増加したことなどにより、前回予想を上回る見込みとなった。

 その結果、19年3月期通期連結業績予想は、売上高は前回予想を13億円上回る213億(前期比10.2%増)、営業利益は2億50百万円上回る13億30百万円(同29.7%増)、経常利益は2億70百万円上回る13億30百万円(同30.5%)、純利益は1億40百万円上回る8億40百万円(同16.8%増)となる見込み。

 なお、営業利益、経常利益の伸び率に比較し、純利益の伸び率が低いのは、東京都練馬区に保有する土地建物等について、老朽化した社員寮を廃止し遊休資産とすることで減損損失の計上を見込んでいることによる。

 配当についても好業績が見込めることから、期末配当についても前回の15円から20円に上方修正することとなった。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 11:28 | 決算発表記事情報