【企業の将来が見える個人投資家向けIRセミナー開催】
8月27日(火)立花エレテック、中本パックス、ファンデリー
9月2日(月)クレスコ、プレミアG、トレジャーF

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2019年02月21日

イナリサーチは連日ストップ高、最新のがん免疫治療「カーティー」に注目続く

■ノバルティスファーマの治療法が日本で承認と伝えられ連想強まる

 イナリサーチ<2176>(JQS)は2月21日もストップ高の1009円(150円高)で売買され、2日連続ストップ高となっている。

 次世代のがん治療法として注目される「キメラ抗原受容体T細胞」(CAR−T:カーティー)に関する研究を信州大学から受託し、「最新のがん免疫治療『CAR−T細胞療法』国が承認へ」(NHKニュースWEB2019年2月20日21時24分)と伝えられたことなどが材料視されている。

 報道では、「承認されることが決まったのは、新しいがん免疫療法である『CAR−T細胞療法』の『キムリア』という治療法で、大手製薬会社ノバルティスファーマが申請していた」とされたが、これによりイナリサーチの取り組みがより広く知られることになるとの見方が出ている。(HC)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:13 | 株式投資ニュース