【企業の将来が見える個人投資家向けIRセミナー開催】
8月27日(火)立花エレテック、中本パックス、ファンデリー
9月2日(月)クレスコ、プレミアG、トレジャーF

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2019年02月21日

【株式市場】バイオ株が一斉高となり好業績株も強いが日経平均は朝方を除いて軟調

◆日経平均は2万1402円69銭(28円80銭安)、TOPIXは1609.79ポイント(3.68ポイント安)、出来高概算(東証1部)は6億134万株

チャート5 2月21日(木)前場の東京株式市場は、アンジェス<4563>(東マ)ソレイジア・ファーマ<4597>(東マ)が各々新薬承認報道と中国での承認発表を材料に買い気配で始まりストップ高となり、バイオ株・医薬品株が一斉高となった。日経平均は、円相場が対ドル、対ユーロとも反発したことなどを受けて先物が重く、朝方の23円31銭高(2万1454円80銭)を上値にダレ模様になり、寄与度の高いファナック<6954>(東1)が総還元性向の高さなどから下げたため11時前に112円75銭安(2万1318円74銭)まで軟化した。前引けも28円80銭安(2万1402円69銭)。一方、東証2部指数、マザーズ指数、日経JASDAQ平均は高い。

 東証1部の出来高概算は6億134万株、売買代金は1兆694億円。1部上場2130銘柄のうち、値上がり銘柄数は843銘柄、値下がり銘柄数は1166銘柄となった。(HC)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:00 | 今日のマーケット