【企業の将来が見える個人投資家向けIRセミナー開催】
8月27日(火)立花エレテック、中本パックス、ファンデリー
9月2日(月)クレスコ、プレミアG、トレジャーF

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2019年02月21日

ウインテストが後場急動意、太陽光発電の設備設置工事の受注が注目される

■昼12時に「子会社が受注」と発表し取引開始後に11%高

 ウインテスト<6721>(東2)は2月21日の昼12時に「子会社が太陽光発電設備設置工事を受注」と発表し、後場、急動意となり、取引開始後に11%高の112円(11円高)まで上げて大きく出直っている。

 発表によると、太陽光発電の運営保守サービスを提供する子会社オランジュ(神奈川県横浜市)がこのほど、国内企業から新規太陽光発電設備の設置工事業務を受注した。受注金額は約5000万円、売り上げ計上時期は2020年7月期。

 オランジュ社は、事故サイトの復元・事故事例検証をテクニカルセンターで実施、メーカー各社から高い評価を頂いており、これらの実績と体制により、同社は2017年2月に独立系民間企業ソーラープラザが公表した「日本のO&Mプロバイダートップ10」に選出されたという。(HC)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:12 | 株式投資ニュース