株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2019年03月14日

プレミアグループは連帯保証人が不要になる新IoTクレジットが注目され一段と強含む

■オートクレジットの新しい取組みを発表

 プレミアグループ<7199>(東1)は3月14日の後場、一段と強含み、取引開始後に3300円(155円高)をつけて出直っている。自動車販売店向けのオートクレジットサービスなどを展開し、13日付で、子会社プレミアファイナンシャルサービスがIoTを用いた新しい審査の取組みを開始したと発表。注目されている。

 発表によると、同じくグループ会社であるCIFUT(シフト)株式会社が提供するIoT機器(GPS機能付きエンジン始動制御装置)を顧客の購入車両に取付けることにより、一定条件の下で連帯保証人の付帯を不要とする審査が可能になる。

 近年は、家族関係の希薄化や高齢化などにより、連帯保証人を見つけづらい状況が現実になっている。このような中でもクレジットサービスを利用できるよう、保証人の付帯を不要とする新たなオートクレジットの取組みを開始した。

 今3月期の連結業績見通し(IFRS)は、税引前利益を19.42億円(同1.9%減)とするが、今期から「IFRS9号」などが適用になったため、従来の会計基準を適用した場合と比べ、第3四半期末の段階で税引前利益は4.8億円少ない数字になっている。(HC)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:31 | 株式投資ニュース