株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2019年03月15日

ソレイジアファーマは疼痛緩和口腔用液「エピシル(R)」を韓国当局に承認申請

■中国では今年2月に承認を取得

 ソレイジアファーマ<4597>(東マ)は14日、疼痛緩和口腔用液「エピシル(R)」について、韓国当局に承認申請を行った。

 エピシル(R)は、化学療法や放射線療法に伴う口内炎を含む様々な病因で生じる口腔内疼痛を管理及び緩和する持ち運び可能な携帯型の医療機器であり、韓国でがんの治療等による口内炎の痛みで苦しむ患者に対して、新たな疼痛管理の選択肢となる。

 同社は、2015年に日本と中国での独占開発販売権を、2018年には韓国での独占開発販売権をCamurus ABより導入。日本では、2017年7月に、国内初の化学療法や放射線療法に伴う口内炎で生じる口腔内疼痛の管理及び緩和を使用目的とする医療機器として厚生労働省より承認を取得し、2018年5月より国内販売が開始されている。また、中国でも今年2月に承認を取得した。韓国は、日本、中国に次ぐ承認申請国となる。

 今回の件は、今年2月13日に公表した2019年12月期連結業績予想に織り込まれている。今後、エピシル(R)が韓国で承認されると、同社の業績への貢献は中長期に渡るものと想定している。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:59 | 株式投資ニュース