株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2019年04月16日

クリーク・アンド・リバー社は昨年来の高値圏で推移、最高益予想などに注目続く

■今期は「倍返し」的な大幅増益で再び最高更新を想定

 クリーク・アンド・リバー社<4763>(東1)は4月16日、昨年来の高値圏で推移し、11時にかけては1328円(2円安)前後で底堅い展開となっている。

 前2月期の連結業績は、グループ拠点の移転・拡充などにより増収減益だったが、今期・2020年2月期は、こうした一時的費用がなくなるほか、シナジー効果の向上などにより売上高を前期比11.6%増加、営業利益を同48.8%増加とするなど、「倍返し」的な大幅増益で再び最高更新を予定する。(HC)

<お知らせ>クリーク・アンド・リバー社の黒崎取締役が平成31年4月17日(水)、日本インタビュ新聞社主催の『企業の将来が見える個人投資家向けIRセミナー』に登場します。入場無料・先着230名。詳細は(http://kabu-ir.com/article/464857973.html)。
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 10:55 | 株式投資ニュース