株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2019年04月18日

【株式市場】日経平均は前引けにかけて122円48銭安となり北朝鮮の新型兵器報道など影響

◆日経平均は2万2172円73銭(105円24銭安)、TOPIXは1623.13ポイント(7.55ポイント安)、出来高概算(東証1部)は6億1127万株

チャート5 4月18日(木)前場の東京株式市場は、NYダウが3.12ドル安とほとんど動かず、日経平均は3円安で始まり、取引開始後の27円66銭高(2万2305円63銭)を上値にほどなく軟調転換した。中で、自動車株や機械株は総じて堅調で、TDK<6762>(東1)などの電子部品、半導体関連株も総じて堅調。ただ、北朝鮮の新型兵器の報道やロシアとの接近を気にする様子があり、日経平均は前引けにかけて122円48銭安(2万2155円49銭)まで下押した。前引けも105円24銭安となった。東証マザーズ指数、日経JASDAQ平均も安いが、東証2部指数は高い。

 QBネットHD<6571>(東1)が値上げ成功の好例とされ上場来の高値に進み、アルメディオ<7859>(東2)は新事業「ナノマテリアル」開始の発表が注目されてストップ高。サンバイオ<4592>(東マ)は外傷性脳損傷による運動機能障害に関する米国での発表が注目されて2日連続ストップ高。環境管理センター<4657>(JQS)は中国での合弁会社設立などが材料視されて2日連続大幅高。

 東証1部の出来高概算は6億347万株、売買代金は1兆9679億円。1部上場2141銘柄のうち、値上がり銘柄数は326銘柄、値下がり銘柄数は1726銘柄となった。(HC)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:04 | 今日のマーケット