【企業の将来が見える個人投資家向けIRセミナー開催】
8月27日(火)立花エレテック、中本パックス、ファンデリー
9月2日(月)クレスコ、プレミアG、トレジャーF

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2019年04月18日

【株式市場】日経平均は後場調整色を強め反落するがバイオ材料株などは活況高

◆日経平均は2万2090円12銭(187円85銭安)、TOPIXは1614.97ポイント(15.71ポイント安)、出来高概算(東証1部)は11億8826万株

チャート14 4月18日(木)後場の東京株式市場は、キヤノン<7751>(東1)が業績下方修正の観測報道などを受けて一段軟調になり、日本製鉄<5401>(東1)も一段軟調となるなどで、日経平均は前引けより70円ほど安く始まった。自動車株は堅調など、業種・銘柄はあったが、不動産株は3月のマンション契約率が1年ぶりに節目の70%を上回ったとの報道にもかかわらず軟調など、今一つ重い銘柄があり、日経平均は14時過ぎに下げ幅200円台となり、大引けも安く反落した。前引けは小高かった東証2部指数も安くなり、マザーズ指数、日経JASDAQ平均も安い。

 後場は、セレクトショップなどのTOKYOBASE<3415>(東1)が好業績への評価再燃とされて再騰し2日ぶりに高値を更新。サンバイオ<4592>(東マ)は米国での発表が注目されて2日連続ストップ高となり、連想が働きキャンバス<4575>(東マ)も再び急伸。オリコン<4800>(JQS)は業績見通しの増額が注目されて活況高。

 東証1部の出来高概算は11億8826万株(前引けは6億347万株)、売買代金は2兆2288億円(同1兆9679億円)。1部上場2141銘柄のうち、値上がり銘柄数は192(同326)銘柄、値下がり銘柄数は1907(同1726)銘柄。

 また、東証33業種別指数は3業種(前引けは6業種)が値上がりし、値上がりした業種は、輸送用機器、ゴム製品、鉱業、のみだった。(HC)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 15:11 | 今日のマーケット