【企業の将来が見える個人投資家向けIRセミナー開催】
8月27日(火)立花エレテック、中本パックス、ファンデリー
9月2日(月)クレスコ、プレミアG、トレジャーF

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2019年04月19日

ビューティガレージは4月期末の配当・優待期限も意識され出直り強める

■今年は天皇ご退位にともなう連休で権利付最終日が前倒しに

 ビューティガレージ<3180>(東1)は4月19日、出直りを強めて始まり、取引開始後に1477円(57円高)まで上げて出来高も増加している。2019年4月期の連結純利益などが最高を更新する見込みである上、4月期末の配当、株主優待を確保する買い付け期限(権利付最終日)が、今年は天皇ご退位にともなう連休で前倒しになり、4月23日になることも買い意欲を募らせる要因との見方がある。

 同社の株主優待は、毎年4月30日現在を基準日とし、1単元(100株)以上を継続して1年以上保有(4月および10月の株主名簿に同一株主番号で連続3回以上記載)されている株主を対象とする。2018年度の贈呈品は、ホームページによるとイタリア発 ナチュラルヘアケア「back.bar(バックバー)」ノンシリコンシャンプー/トリートメントセット(合計希望小売価格4000円相当)となっている。(HC)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:46 | 株式投資ニュース