株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2019年05月09日

【業績でみる株価】インテリジェントウェイブが戻り高値を更新、第3四半期の8割増益など注目される

■戻り高値を更新

 インテリジェント ウェイブ<4847>(東1)は5月9日、大きく出直って始まり、取引開始後に14%高の840円(106円高)まで上げて戻り高値を更新した。8日の取引終了後、2019年6月期・第3四半期の決算(18年7月〜19年3月・累計)を発表し、営業、経常利益とも前年同期比84%増加したことなどが注目されている。

■金融業界の大型案件はヤマを越すが新案件や自社製パッケージなど好調

 第3四半期までの累計業績(18年7月〜19年3月)は、前期までで金融システムソリューション事業の大型開発案件がピークを越えたため、売上高は前年同期比1.8%減の76.89億円となったが、新たな案件の進展や自社製パッケージソフトウェアの販売拡大などにより、営業利益は同84.2%増の6.75億円となった。純利益は同95.8%増の4.66億円となり、大幅に成長した。

 6月通期の連結業績見通しは従来予想を継続し、売上高は0.9%増の107.0億円、営業利益は同60.7%増の8.8億円、純利益は同64.3%増の6.2億円、1株利益は23円56銭。

 ただ、キャッシュレス社会の推進や決済手段の多様化などの動きは同社にとって好ましい事業環境になり、金融システムソリューション事業では、当初、第4四半期に売り上げを予定していた案件が第3四半期に前倒しされるなど、進ちょくの早さが見受けられる。また、プロダクトソリューション事業でも、企業組織内部からの情報漏えいを防ぐ当社製パッケージソフトウェア「CWAT(シーワット)」や、外部からのサイバー攻撃を防ぐ他社製パッケージソフトウェア「Traps(トラップス)」などが好調に拡大しており、第4四半期の推移も注目されている。(HC)

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:51 | 業績でみる株価