【企業の将来が見える個人投資家向けIRセミナー開催】
8月27日(火)立花エレテック、中本パックス、ファンデリー
9月2日(月)クレスコ、プレミアG、トレジャーF

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2019年05月14日

アールシーコアの20年3月期は前期の減収大幅減益から一転、53.3%増収で黒字転換を見込む

■「感性マーケティング」が奏功し、「BESSブランド」が確実に浸透

 アールシーコア<7837>(JQS)の20年3月期は、前期の減収大幅減益から一転、53.3%増収で黒字転換を見込む。

 一昨年に発生したカナダの山火事・水害等に起因する原木供給の極端な減少や、米国や中国の旺盛な木材需要の影響で、カントリーログに必要な大口径の良材確保の難航による納期遅延が発生したことが影響した。

 その結果、前期19年3月期連結業績は、売上高123億97百万円(前年同期比8.0%減)、営業利益△6億35百万円、経常利益△6億80百万円、純利益△5億41百万円と減収減益で赤字転落となった。

 しかし、配当に関しては2円増配の50円(第2四半期末25円、期末25円)を実施する。

 今期20年3月期については、堅調な集客状況などから、これまで手掛けてきた「感性マーケティング」が奏功し、「BESSブランド」が確実に浸透してきているという手応えを感じていることから、売上高190億円(前期比53.3%増)、営業利益3億30百万円、経常利益2億80百万円、純利益2億円と大幅増収増益で黒字転換を見込んでいる。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:49 | 決算発表記事情報