株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2019年05月16日

カーリットホールディングスの19年3月期は各事業とも好調で増収増益

■化薬分野の自動車用緊急保安炎筒・受託評価分野・電子材料分野などが好調

 カーリットホールディングス<4275>(東1)の19年3月期連結業績は、売上高が前期比4.4%増の540億49百万円、営業利益が同14.8%増の23億28百万円、経常利益が同17.2%増の25億51百万円、純利益が同4.8%増の15億79百万円となった。


 発表によると、化学品は売上高が前期比4.7%増の236億29百万円、営業利益が同15.2%増の12億50百万円だった。化学品事業部門の化薬分野では、産業用爆薬は、土木案件が増加し増販。自動車用緊急保安炎筒は、新車装着向けは横ばい、車検交換向けは増販。 受託評価分野では、電池試験は大幅な増販。化成品分野では、ロケットの固体推進薬原料の過塩素酸アンモニウムは打ち上げスケジュールの影響で減販、電極は増販。電子材料分野では、機能性高分子コンデンサ向けピロール関連製品、チオフェン系材料は増販。セラミック材料分野は、国内主要砥石メーカーの堅調な生産で増販となった。

 ボトリングは売上高が前期比1.7%増の196億17百万円、営業利益が同28.2%減の4億25百万円だった。缶製品は減販となったが、主力の茶系飲料と炭酸飲料などの委託品は増販だった。

 産業用部材は売上高が前期比7.6%増の90億56百万円、営業利益が同28.4%増の2億97百万円だった。 シリコンウェーハは、半導体市場の好況を受け増販となった。

 今期(20年3月期)連結業績予想は、売上高が前期比0.1%減の540億円、営業利益が同5.5%減の22億円、経常利益が同7.9%減の23億50百万円、純利益が同1.3%増の16億円としている。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:39 | 決算発表記事情報