株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2019年05月16日

ケンコーマヨネーズの19年3月期は前回予想を上回る数値で着地

■今期20年3月期は増収増益予想で、年間配当31円と1円増配を見込む

 ケンコーマヨネーズ<2915>(東1)の19年3月期は、前回予想を上回る数値で着地した。なお、今期20年3月期は増収増益予想で、年間配当31円と1円増配を見込む。

 前19年3月期は、グループ生産拠点の能力増強に向け、連結子会社であるダイエットクック白老の新工場が18年4月に稼働し、関東ダイエットクック神奈川工場が18年6月に稼働した。また、静岡富士山工場第2工場が19年2月に稼働し、西日本工場も増築工事が完了し19年3月に竣工した。しかし、新工場の立ち上げから軌道に乗せるまでの新工場関連費用が当初予想より増加したことにより11月9日に第2四半期と通期の業績予想を下方修正した。

 ところが、15日発表された19年3月期連結業績は、売上高739億89百万円(前年同期比1.7%増)、営業利益31億16百万円(同25.3%減)、経常利益31億45百万円(同24.2%減)、純利益22億96百万円(同20.2%減)と前回予想を上回る結果となった。

 前19年3月期は、生産拠点への投資と共に、新工場の立ち上げから軌道に乗せるまでの新工場関連費用が嵩んだことから増収減益となったが、今期は前期の生産拠点への投資が貢献することで、増収増益を見込む。

 ちなみに、20年3月期連結業績予想は、売上高760億円(前期比2.7%増)、営業利益33億円(同5.9%増)、経常利益33億円(同4.9%増)、純利益23億50百万円(同2.3%増)と増収増益を見込む。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 07:48 | 決算発表記事情報