【企業の将来が見える個人投資家向けIRセミナー開催】
8月27日(火)立花エレテック、中本パックス、ファンデリー
9月2日(月)クレスコ、プレミアG、トレジャーF

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2019年05月30日

メドレックスが後場寄り後一段と強含む、「CPN−101」臨床で投与開始

■米国で開発中の痙性麻痺治療張り付け剤「チザニジン」テープ剤

 メドレックス<4586>(東マ)は5月30日の後場、一段と強い値動きを見せ、取引開始後に7%高の459円(32円高)と反発幅を広げている。29日に発表した業績見通しの修正は、今期・2019年12月期の赤字拡大だったが、30日付で、開発中の痙性麻痺治療張り付け剤「CPN−101」(「チザニジン」テープ剤)について、臨床第1相試験での投与を開始したと発表し、注目されている。(HC)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 12:51 | 株式投資ニュース