株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2019年05月30日

【株式市場】日経平均は2日続落だが総じて底堅く後場は次第に回復

◆日経平均は2万942円53銭(60円84銭安)、TOPIXは1531.98ポイント(4.43ポイント安)、出来高概算(東証1部)は11億1333万株

チャート10 5月30日(木)後場の東京株式市場は、東京エレクトロン<8035>(東1)が取引開始後に一段と強含み、ルネサスエレクトロニクス<6723>(東1)はジリ高傾向を継続するなど、半導体関連株や精密機械株などが強さを見せた。日経平均は152円安で始まったあと次第に持ち直し、大引は2日続落ながら下げ幅を縮めた。東証2部指数、マザーズ指数、日経JASDAQ平均とも安いが、JASDAQ平均は大きく持ち直した。

 中国による希少金属類の禁輸観測を受け、第一稀元素化学工業<4082>(東1)大阪チタニウムテクノロジーズ<5726>(東1)などが一段と強含み、ライフコーポレーション<8194>(東1)はアマゾンとの提携が注目されて後場も上げ幅200円台を継続。FRACTALE<3750>(東2)はホテルなどへの展開による業績安定化期待などが言われてストップ高。ホープ<6195>(東マ)は引き続き業績見通しの増額が注目されて3日連続ストップ高。アサカ理研<5724>(JQS)は中国による希少金属類の禁輸観測が思惑材料視されて2日連続ストップ高。

 5月30日に新規上場となったバルテス<4442>(東マ)は前後場とも買い気配のまま初値がつかず、大引けは、気配値のまま上げる場合の本日の上限の1518円(公開価格660円の2.3倍)。

 東証1部の出来高概算は11億1333億円(前引けは5億6189万株)、売買代金は1兆9219億円(同9465億円)。1部上場2140銘柄のうち、値上がり銘柄数は960(同497)銘柄、値下がり銘柄数は1094(同1557)銘柄。

 また、東証33業種別指数で値上がりした業種は17業種(前引けは7業種)となり、値上がり率上位の業種は、石油・石炭、鉱業、保険、海運、非鉄金属、ゴム製品、銀行、などが高い。(HC)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 16:54 | 株式投資ニュース