株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2019年06月03日

大崎電気が戻り高値、海外展開などでの中期成長に期待強まる

■今期は英国プロジェクトが本格的に立ち上がり豪州、中東も需要増加

 大崎電気工業<6644>(東1)は6月3日、続伸基調で始まり、取引開始後に666円(30円高)をつけて戻り高値を更新した。5月14日に前3月期決算と中期計画などを発表し、しばらく値動きが重かったが、22日にこれらの説明会資料を同社ホームページにアップした後は出直り基調に転じている。

 今期・20年3月期は、海外で英国プロジェクトの本格的な立ち上がりに加え、オーストラリア・中東の需要増により増収増益(黒字化)を見込むとし、連結売上高は前期比12.1%増の920億円、親会社株主に帰属する純利益は同11.4%減の16.0億円を見込む。

 中期計画では、スマートメーターの付加価値創出などを進め、英国スマートメータープロジェクト、オセアニア事業などに続く水平展開を進める。また、人々の暮らしの社会的課題解決へ向けた「watchシリーズ」の事業拡大(計測技術+IoT/AI)をはじめとして新たなコアとなる製品・事業の創出も進める。22年3月期には売上高1050億円、純利益30億円などを目指す。(HC)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:40 | 株式投資ニュース