【企業の将来が見える個人投資家向けIRセミナー開催】
8月27日(火)立花エレテック、中本パックス、ファンデリー
9月2日(月)クレスコ、プレミアG、トレジャーF

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2019年06月12日

アスカネットの19年4月期はパーソナルパブリッシングサービス事業が順調に拡大し、最高益更新を達成

■配当については11円と1円の増配

 アスカネット<2438>(東マ)の19年4月期は、パーソナルパブリッシングサービス事業が順調に拡大したことで、最高益更新を達成した。

 19年4月期業績は、売上高62億95百万円(前年同期比6.6%増)、営業利益8億68百万円(同10.1%増)、経常利益8億73百万円(同9.7%増)、純利益5億98百万円(同7.5%増)となり、17年4月期の過去最高純利益5億72百万円を上回り最高益更新となった。

 好業績を達成したことから、配当については11円と1円の増配となった。


 事業別の売上高は、メモリアルデザインサービス事業25億38百万円(同0.6%増)、パーソナルパブリッシングサービス事業36億19百万円(同10.6%増)、エアリアルイメージング事業1億46百万円(同24.0%増)と3事業共に前年を上回った。

 今期20年4月期は、コスト面では、エアリアルイメージング事業での広告宣伝費や研究開発費などの先行投資を継続するとともに、パーソナルパブリッシングサービス事業は、印刷設備などの積極的な設備投資や本社隣地の生産拠点の稼働により減価償却費が増加するほか、一部生産機能の移転によるコスト増加を想定している。売上高は、各事業において着実に成長し、特にエアリアルイメージング事業では樹脂製プレートを中心に販売に注力するとしている。

 その結果、売上高67億38百万円(前期比7.0%増)、営業利益8億24百万円(同5.1%減)、経常利益8億29百万円(同5.1%減)、純利益5億45百万円(同9.0%減)と増収ながら、先行投資等費用が嵩むことから減益を見込む。

◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 06:53 | 決算発表記事情報