【企業の将来が見える個人投資家向けIRセミナー開催】
8月27日(火)立花エレテック、中本パックス、ファンデリー
9月2日(月)クレスコ、プレミアG、トレジャーF

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2019年06月12日

パイロットコーポは6月中間配当も意識され4日続伸基調

■22円50銭(前年同期の実績は20円ちょうど)を予定

 パイロットコーポレーション<7846>(東1)は6月12日、4日続伸基調で始まり、取引開始後に4370円(145円高)をつけて戻り高値に進んだ。6月末の第2四半期末配当金(予想)の内訳は普通配当22円50銭(前年同期の実績は20円ちょうど)とするため、続伸の底流には配当妙味もあるとみられている。

 5月中旬に発表した第1四半期の連結業績(2019年1〜3月)は、新製品の投入時期のずれなどにより国内が伸びず、営業利益は前年同期比19%減となったが、米州、欧州は好調に推移。株価は発表後にむしろ堅調に推移している。12月通期の連結業績見通しは据え置き、営業利益は前期比4.5%減の200億円、純利益は同4.0%減の140億円、1株利益は354円94銭。(HC)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:30 | 株式投資ニュース