株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2019年06月13日

ミロク情報サービスが連日高値、新生銀行グループとの協業拡大など注目される

■連続最高益の見込み、米中貿易摩擦の影響を直接的は受けない点も安心感

 ミロク情報サービス<9928>(東1)は6月13日、続伸基調で始まり、取引開始後に3450円(35円高)をつけて年初来の高値を連日更新し、株式分割など調整後の上場来高値3590円(2018年2月)に迫っている。売上高、各利益とも連続最高を更新する見込みで、6月7日に「新生銀行グループの金融ソリューションを組み合わせ、法人のお客さまの業務効率化を支援」と発表してから再び上げ足を強めている。

 米中貿易摩擦の影響を直接的には受けない業態のため、買い安心感が強いようだ。新生銀行との協業は、新生銀行グループの新生銀行、昭和リース、アプラスフィナンシャルの取引先である中小企業を対象に、ミロク情報サービスのITソリューションと新生銀行グループの金融ソリューションを組み合わせ、業務効率化などを支援するサービスを展開するもの。新生銀行とは2017年11月に資本業務提携をしており、新たに新生銀行グループ一体の取り組みとして事業を強化・拡大する。(HC)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 09:47 | 株式投資ニュース