株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

株式投資情報動画配信 日本インタビュ新聞社 - You Tube

2019年06月13日

河合楽器製作所が後場急速に戻す、筆頭株主の所有議決権が減少とし思惑交錯

■投資業・パーソンズ ミュージック コーポレーションが保有を減らす

 河合楽器製作所<7952>(東1)は6月13日の後場、急速に戻して始まり、一気に堅調転換して13時前に2993円(63円高)まで上げている。この日正午に主要株主の異動を発表し、筆頭株主であった投資業・パーソンズ ミュージック コーポレーションの所有議決権が減少した事を明らかにし、思惑が交錯。注目されている。

 発表では、「パーソンズ ミュージック コーポレーションに対し、2018年12月31日及び2019年3月31日における所有株式数を確認したところ、所有議決権の数が減少し、総株主等の議決権に対する割合が10%に満たない数で報告を受領したことにより、主要株主及び主要株主である筆頭株主の異動が判明した」とした。(HC)
◎日刊株式投資情報新聞(無料)登録受付中!


提供 日本インタビュ新聞 Media-IR at 13:12 | 株式投資ニュース